やっぱ、これはGitで管理しなくてもいいかなっていうことがあると思う。
単純に .gitignore に入れるだけではダメです。

なぜなら、gitにもキャッシュがあるからです。
そのキャッシュもクリアにする必要があって、今回はそれのやり方についてまとめたいと思います。

Gitでキャッシュクリアする方法

ファイルの場合は、こんな感じ。

git rm --cached {gitで管理しなくていいかなっていうファイル}

# 例
git rm --cached index.html

ディレクトリ毎キャッシュクリアしたい場合は、 -r をつけて

git rm -r --cached {gitで管理しなくていいかなっていうディレクトリ配下}

# 例(直下のtestディレクトリ配下をキャッシュクリアしたい場合)
git rm -r --cached test

という感じになります。

ちなみに

ちなみに --cached を書かずに

git rm {gitで管理しなくていいかなっていうファイル}
git rm -r {gitで管理しなくていいかなっていうディレクトリ配下}

とするとファイルやディレクトリ自体も削除されます。