今まではMySQLへはmysql_connect関数を使っていました。
けどけど、そろそろPDOでもアクセスできるようになっておこうと思い
実際に試してみた。

PDOとは?

PHP Data Objectの略称でデータベースに使われるクラスのことです。
例えばMySQLならmysql_connect関数でアクセスできます。PostgreSQLやSQLiteなども固有のアクセス方法があります。
PDOを使うことによって同じ命令文でそれぞれのデータベースにアクセスできるようになります。しかも、早いらしい。

PDOでアクセスするにあたって

データベースにアクセスするにはPHP5.1以上が必要です。
(PHP5.1からPDOクラスが搭載されているから)

任意のphpファイルに

<?php phpinfo(); ?>

とだけ書き込み、アクセスするとPHPのバージョンがわかります。

phpのバージョンが出てきます。

PDOでデータベースにアクセスしよう

とりあえず、PDOに関しては右も左もわからないので
ググって情報収集。

<?php
$db_hostname = 'ホスト名';
$db_database = 'データベース名';
$db_username = 'ユーザー名';
$db_password = 'パスワード';

try {
    $db_connect = 'mysql:host='.$db_hostname.';dbname='.$db_database.';charset=utf8';
    $pdo = new PDO($db_connect, $db_username, $db_password);
    print('接続されたよ。');
} catch (PDOException $e) {
    print "error: " . $e-&gt;getMessage() . "&lt;br&gt;";
    die();
}
?>

上のソースコードで
「接続されたよ。」の文字がブラウザ上で確認できたら
データベースにアクセスできたということみたいです。tryとかcatchとかは条件分岐のようなものだと思います。詳しくはまだ調べていません笑
でもまぁこの上のコードを書けばとりあえずMySQLのデータベースにアクセスできるので、
簡単なものですね。次はSELECTとかINSERTに挑戦しましょうか。