オンライン上で WebP に変換するのはたまに見るけど、
何でしょう。こう…

ローカルで WebP 生成したい

って思いないですか?

今回、ローカルで WebP 意外と簡単に生成できるので Tips 載せておきたいと思います!

WebP を生成する方法

まずは、下記のコマンドを打って、ローカルに WebP をインストールしましょう。今回は Homebrew からインストールする方法を。

brew install webp

おめでとうございます🎉
あとは生成するだけです!😊

cwebp [options] input_file -o output_file.webp

cwebp を使って生成します。
options で画質や細かい調整ができるようになります。
詳しくはこちらで確認してみてください。
https://developers.google.com/speed/webp/docs/cwebp

こんな感じや

cwebp -metadata icc image.jpg -o image.webp

こんな感じ

cwebp -q 90 -metadata icc image.png -o image.webp

ここでいうところの -metadata は画像のメタデータの扱いのところで iccxrp など設定できます。(デフォルトは none
-q はクオリティ、つまり画質で、どのくらいのクオリティで生成するか決めることができます。

僕のおすすめは2つ目の設定✨(いろいろ試した)

ということで、
みなさんもいろいろ試してみて自分好みの WebP を生成してください。