こんにちは奥田です。

本日は、新しくリリースされたGoogle Analytics 4 プロパティ の設定はした方がいいのかについて書いていきたいと思います。

Google Analytics 4 出ました!

Google Analyticsに「Google Analytics 4 プロパティ (GA4)」というプロパティタイプが2020年10月に追加されました。

今までプロパティはどないなんの?

今までGoogle Analyticsを使ってきた人はもちろん、普通のプロパティを使ってきたと思います。もちろん、トラッキングコードも発行されて。

この新しいGA4で計測解析した場合は、今まで使ってきてきたプロパティアップデートしてGA4にするのではなく、GA4新しく作らないとダメです。プロパティの性質は変化できません。

つまり、今までのデータを使うこともできなくなります。

なぬーー!今まで溜めてきたデータどうするんだよーー!
それやったらGA4にしたくない
😤

ってなる方もいるかもしれませんが、
結論から言うと、GA4の設定はしておいた方がいいかなと思います。

GA4は設定しておいた方がいい理由

なんでGA4を設定しておいた方がいいかというと

今までのプロパティは消えるわけでなく、そのままトラッキングコードをつけている限り計測はされ続けます。

だから?

じゃあ、GA4のタグと2つ付けろってのかよー!

ってことなんですが、そんなこともあろうかと今まで使っていたトラッキングコードGA4の計測もできるようにすることができます。

つまり、Google Analyticsの管理画面上で、GA4しますーと設定するだけで、
今まで使っていたプロパティは計測されるし、GA4も新しく計測し始めるということになります。

つまり

GA4やっといて損はないんじゃないのかなということになります。

ちなみに、今から新規でGoogle Analyticsをする場合は、GA4がデフォルトで設定されるっぽいです。

まとめ

とりあえず、こだわりがないならGA4の設定をして、今までのプロパティと併用がいいかもです。そのあとGA4に情報が溜まってきたらGA4に完全移行するようにしていけばいいかなと思います。